自由学園同学会

自由学園同学会は自由学園男子部に在籍したもので、
会員相互間の親睦、ならびに自由学園の発展に協力することを目的とします。

行事の報告

HOME > 行事の報告 > 2019年 北海道自由学園の会

2019年 北海道自由学園の会

2019年5月4日

前日に北海道の一部で雪が降り心配しましたが、当日は快晴となった4月28日(日)、第43回 北海道自由学園の会(男子部・女子部合同)が、男子部17名(14~68回生)、女子部12名(33~77回生)、の参加を得て、札幌のビストロ・プティット・レジョン(茶野下さん(J77)のお店)で開催されました。
学園からは高橋和也学園長(D40)ご夫妻、協力会より高橋会長(J54)、同学会からは2019年度委員長として河合孝治(D49)が参加し、昨年より7名増、合計31名での会合となりました。

会は午後1時より、吉島久晴さん(D36)の乾杯で始まり、皆で歓談後に高橋学園長による学園近況報告、河合より同学会の近況報告を致しました。

高橋学園長の報告では、4月11日にフジテレビの「めざましテレビ」で放映された自由学園の部分を動画で紹介。また昨年受賞となったグッドデザイン賞とウッドデザイン賞の『みらいかん』の説明がありました。名栗と海山の自分達が育てた木が建物の形になり、しかも学んだ場所に使われている喜びを参加者で共有できました。特に北海道での参加者は共働学舎等の、育て・作ることに携われている方が多く、皆が笑顔になっていたのが印象的でした。

その後、参加者有志の方々による近況報告や、参加できなかった方からのメッセージ披露など、一体感のある和やかな雰囲気の中、あっという間に時間が過ぎていきました。

同会は昨年の第42回まで毎年4月29日に開かれてきたとのことですが、今年は茶野下さんのお店の休業日と重なり、4月28日の開催となりました。丁度GWの10連休と重なったこともあり、学園長も含めて関東より6名の参加となりました。

来年は再度4月29日(祝)での開催となるとのことですが、北海道以外の方々も参加いただければと思います。会場のビストロ・プティット・レジョンは同地にオープンして10年強のお店ですが、常連のお客様も多く、貸切で開催させて頂いた当日も、電話や来店されるお客様が多数いらっしゃいました。最後にお店をバックに集合写真を撮影して閉会となりました。

多くの参加者は引き続き、吉島さんのお店「ワインバー・ルー」に移動して二次会が行われました。
今回、同学会参加者17名のうち、半分の9名は47回生以降の回生でした。新年総会、定時総会にご出席いただく方は、比較的年配の方が多い印象があります。北海道では回生に偏りが少なく、人の繋がりでの参加者が多くいらっしゃり、加藤英雄さん(D29)を中心とした声がけとネットワークの強さを感じました。人事異動で北海道勤務となられた方も、同学会事務局に連絡をいただき、ぜひ来年参加を検討してみてください。

北海道同学会幹事 加藤さん、碓井伸典さん(D52)を始め、ご出席の皆様、どうもありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

(2019年度 同学会委員長)
河合孝治(D49)

 

MENU